Get's!!アクセスアップ-seo対策HTML表示検索エンジン > SEO対策

◆ SEOとは、、 ◆

*SEOとは
Search Engine Optimizationのことでエスイーオーと読み、つまりサーチエンジン最適化です。
*最適化とは
自分が運営するサイトを大手検索エンジンGoogleやYahooでの検索結果を上位表示させる為の技術です。最適化を行うことによって検索上位表示されるようになりアクセスも増えていくという事です。ブラウザでの検索はほとんどの方がGoogleやYahooなどの検索エンジンを利用しています。検索したときにあなたは何ページまで見ますか?検索結果でだいたいが30位以内でなければ探されません。と、いうことはどんなに素敵なサイトを作っても最適化が施されていなければ訪問者はいないに等しいと言えます。ですのでSEO(最適化)を施して上位表示されるようになれば貴サイトの訪問者も増えてくるはずです。


◆ サイト作りの初め ◆


1タイトル
サイトのタイトルは長くても40文字以内に設定してください。タイトルは非常に重要視されます。キーワードとページ毎のキーワードをタイトルに含ませるようにします。たくさんのキーワードを含ませることは最も危険です。十分注意してください。
2キーワードの選別
次に作ろうとしているサイトのキーワードを選ぶ事から始まります。キーワードツールが非常に便利です。セキュリティーチェックが必要です。キーワードは8個までが無難です。これも多すぎてはいけません。検索回数が多いのに他サイトであまり使われていないキーワードであれば上位表示されやすくなります。より的確なキーワードを発見できるため、キーワード選定には欠かせないツールです



3メタタグ作成
メタタグ説明文(<meta name="description" content="" />この部分です)は100文字以内が無難です。ここで一つ、このdescriptionのメタタグを全てのページで同じ説明文を使ってはいけません。ページ毎に説明分は変えましょう。メタタグは<head>と</head>の間に記載するものです。つまりこれはHPの中の隠れた部分。検索ロボットが読み取る部分です。メタタグはブラウザ上では表示されません。上記2のキーワードは<meta name="keyword" content="キーワード1 キーワード2 キーワード3">のように記載します。メタタグ作成はこちらのようなツールが便利です。



◆ サイト作成 ◆

サイト作成の注意点

◆検索エンジンのロボットがサイトのHTMLを読みやすくするため、HTMLと装飾、すなわちスタイルシート(cssファイルです)を分けるようにしなくてはなりません。cssファイルまた、Java scriptも同様に外部化するようにしましょう。つまりindex.html(index.htmまたindex.shtmlなど)ファイルと別に俗に言うstyle.css(index.cssやbase.cssなど名前はそれぞれです)ファイル、javascriptファイルが別にindexファイルと同様のフォルダに存在するということです。cssファイルはメタタグに記載します。
<head>と</head>の間に*例:<LINK rel="stylesheet" href="style.css" type="text/css">
javascriptファイルも<head>と</head>の間に
*例:<SCRIPT language="javascript" src="script_1.js" type="text/javascript"></SCRIPT>このように記載します。
ロボットはHTMLの上部を重視します。ですのでサイト内の重要な項目は上部の方に記載するよう心掛けるようにしましょう。
内部リンク、外部リンクの発リンク数は1ページ合計100リンク以内にとどめましょう。リンク数を自分で数えるのは大変です。こちらのサイト様でチェックツールがございます。これをお借りして自分のサイトが今、どれだけの発リンク数になっているか調べましょう。バナーを貼りつける場合は、代替テキストart=を記載するようにします。
*例:<IMG src="image/l画像.gif" width="横幅" height="縦幅"
border="0" alt="ここに説明文">
余談ですが上の赤いタグを入れると画像の周りに淵がなくなります。
また自分のサイトのインデックス数、被リンク数はこちらのサイト様で確認できます。被リンク数というのは自分のサイトをいくつのサイトにリンクされているかということです。インデックス数というのは検索エンジンに自分のサイトがどれだけ認識されているかということです。ですのでインデックス数、被リンク数は多い方がいいのです。
◆強調タグをうまく使う。一番重要な項目は<h1>で囲みます。例:<h1>SEO対策</h1>のようにです。<h1>タグは1ページに1回だけしか使えませんのでお気をつけください。その後重要度は<h2><h3>〜<h6>というようになっております。<strong>タグも重要です。1ページに7個以上あるとスパムとみなされるのでそれ以下での使用頻度に!<strong>以下では<b>タグも有効と言われています。つまりこの文字です⇒有効 *例:<b>有効</b> <strong>有効</strong>



Google 検索エンジン最適化スターター ガイド


Google 検索エンジン最適化スターター ガイドの日本語版 (pdf) 公開。
クロールされやすく、インデックスされやすいサイトを構築するポイントが解説されています。
PDFファイルダウンロード




Link